FC2ブログ
JR四国 鉄道情報局  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
【事故車入場】JR四国2000系 四コチ2117号 多度津工場入場
昨日、50D特急(特急南風20号・岡山行)が
土讃線・多度津~金蔵寺で自動車と衝突する事故が発生しました。

この事故で岡山方面先頭車に充当していた四コチ2117号は
先頭左側面の窓ガラスを破損し、スカート部分等にも損傷を受けた為、
昨日中に事故編成より当該車両を切り離し
本日、DL牽引で多度津工場へ入場しました。

【50D編成表】
(岡山方より)
2117-臨検
2105
22**
2010

(2117号以外は、深夜中に所属先へ返却)

3月25日(月)臨検入場となった四コチ2117号 多度津駅にて (敷地外より撮影)
_DSC7545_20130325225830.jpg

_DSC7537.jpg

_DSC7570.jpg

本日はこれにてお暇させていただきます。
スポンサーサイト
2013'03'25(Mon)23:12 [ JR四国鉄道情報 ] CM5. TB0 . TOP ▲
COMMENT


敷地内乱入のお詫びマダー?
それとも読者()に責任転嫁して終わりですか?www
2013/03/27 13:21  | URL | #- [edit]


@名無し様
平素よりご愛顧有難う御座います。

今回の写真についてですが、管理人のくせに…とかお思いかも知れませんが
撮影できておりません。
状況を確認したい気持ちは有りましたものの、自宅が県外という遠距離にあります関係で
撮影は出来なかったのです。

そこで、http://8000shiokaze.blog129.fc2.com/blog-entry-613.html等のにも在りますように
関りのある読者様に電話で依頼をして、写真を代わりに撮影して貰い、メールで送って貰ったのです。

翌日、私も現場に駆けつけ当該車両を写真に収めることができました。

私自身が撮影した写真のみを掲載している記事を更新する場合には、ご存知かと思いますが
大抵その日の内に更新をします。

ですが、提供してくださった読者様とは翌日深夜までメールでコンタクトを取ることができず、
この写真を掲載して良いか否かの許可を仰げなかったので、結局はこのような時間(2013'03'25(Mon)23:12)に
漸く記事の更新にたどり着けたのです。

私自身もご指摘を承り、よくよく写真を確認すると、自分も今まで撮ったことのないアングルで
少々気にかかりましたが、更新した際には私の注意が足りないせいでこの様な誤解を生みかねない写真を掲載し、更新してしまいました。

そうして今先程、当事者の方と連絡が取れましたので、確認を取ったところ「多度津運転区周辺の駐車場」で撮影したということが分かりました。本人曰く、立ち入り禁止か否かはっきりと分かる場所では無かった為、撮影したとのことでした。私が思うに、恐らく敷地内ではないかと思います。
当該読者様にはこの様なことが今後無いように、注意喚起し私自身も同様の過ちを犯さないように
改めて撮影時のマナーについて再認識いたしました。

今回の結果に尽きましては、別で記事を組むつもりでしたが、コメントを頂いたので
一足早くご報告させていただきたいと存じます。

尚、一時削除しておりました写真ですが、皆様にもこの事象を知っていただきたいため
改めて再掲載することにしました。是非、ご確認下さいませ。

この度は、このような非常に不愉快な思いを貴方様始め、皆様に対し感じさせてしまいましたことに対する責任真摯に受け止め、心よりお詫び申し上げます。

今後とも、ご質問やご意見などがありましたら気兼ねなくお申し付け下さい。
2013/03/27 15:54  | URL | 特急しおかぜ2号 #- [edit]


あの、立ち入った場所で撮った(と認めた)写真を、「知ってほしい」という極めて身勝手な理由で正当化し、写真を再公開するということが、常識的にどうしても理解できないのですが、どうお考えでしょうか?
以前も指摘し(削除されましたが)、貴方はJR四国の関係者でもなんでもなく、ただの物好きな学生なのですよ。自身の立場をよく理解した上で、社会的常識も判断した上で行動してください。
セカトレに投稿する記事ももう少し取捨選択した方がいいですよ。
2013/03/28 18:20  | URL | ざきみや #agFkpVbw [edit]


@ざきみや様
ご意見をお聞かせいただき有難う御座います。

あの立ち入った位置で撮られた写真を再公開したのは、今回の出来事を具体的にご存知でない読者様がいらっしゃった場合、その問題となった写真はどのような構図で撮られているか、どうしてその写真が問題を引き起こしたのか等を具体的に把握していないと思います。

そういった状況では皆様の間に更なる誤解を生みかねませんし、そこから皆様により不愉快な思いをさせてしまう等といった事は決してこれ以上有ってはならないと考え直し、改めて写真を再掲載致しました。

繰り返しになりますが、再掲載を行い、それらの「正当性」を主張しているわけでは決して御座いません。
そこはご理解いただけたらと存じます。

その他速報サイトへの投稿も、よくよく考えて取捨選択すると共に
今後、貴方様のご意見を教訓とし、他社様の不幸であります、事故・事件などといった出来事は当サイトでも取り上げないように運営方針を改善します。

最後に、私自身も鉄道ファンとして、それ以前に「人間」としてまだまだ未熟な身で御座います。
こういった未熟さが今回の事象を自覚してしまったということを改めて自覚し、反省しております。
この様な身の上では御座いますが、当サイトの記事を通じて、これからも皆様のご趣味にも貢献していけたらと存じております。

この度は貴重なご意見をお聞かせいただき、有難う御座いました。




2013/03/29 13:49  | URL | 特急しおかぜ2号 #- [edit]


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/03/30 09:23  | | # [edit]
コメントする














コメントを非公開にする

    
この記事のトラックバックURL
http://8000shiokaze.blog129.fc2.com/tb.php/690-d25112fe
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。